跳び飛びの旅

JGCステータスを獲得するために、飛行機に乗る回数を稼ぐ人のことを界隈で「修行僧」と言うそうな。その修行僧たちが回数稼ぎに活用しているツアーがあると聞き、2021年はこれを利活用してステータス取得を目指すことにした。

跳び飛びの旅とは

GoToキャンペーン対象ならお得

ツアー名は「跳び飛びの旅 小型プロペラ機でホッピング」。1泊2日、2泊3日いずれかの日程で8〜16回のフライトを組み込んだツアーだ。「地上をゆっくり廻る離島観光スタイルではなく、短距離飛行を数多くこなしてプロペラ機でのフライトそのものを楽しむ内容」と紹介されている。

飛行機好きの修行僧なら、数多くの飛行機にも乗れて嬉しい内容だ。かつ、自分自身で考えて8〜フライトもの行程を特に1泊2日で考えるのは難しいのではないだろうか。ラクしたい私は組み込まれたツアーに乗っかって回数稼ぎができ、GoToでお得に飛べるのなら、これは願ってもいない好機だと考えてすぐに予約した。

予約から一転

ちなみに予約したのは「10フライト」「12フライト」「16フライト」「8フライト」の4ツアー。GoToも使えるからと、一気に年休となけなしのお金を注ぎ込み、あとはゆったりフライトを楽しめればと考えていた。しかし不幸は何の前触れもなく突然やってくる(?)とはよく言ったもので、1月8日、緊急事態宣言2回目の発令が。これに伴い、GoToトラベルも一時停止となってしまい、催行中止の連絡を受けることになった。

JAL eトラベルプラザからのメール

ご存知の通り、新型コロナウイルスの影響で減便し欠航が相次いでいる。本来であれば搭乗できたであろう便が欠航となれば、ツアー行程通りに催行できるわけがない。しかし、ここで希望の光を簡単に消さないのが良いところ。きちんと短縮行程での代案を示してくれた。

短縮行程の代案

与那国へのフライトを楽しみにしていただけに非常に残念。でも、南北大東島へフライトできるだけでも予約を取り消す理由はない。あとは運を天に任せようと行くことを決めた。

いつの間に

あら「GoToトラベル」が消えている

この記事をまとめようと、改めてサイトを確認したところ「GoToトラベル」のワッペンがないことを確認した。仕方ない…とは思いつつ、少し複雑な気持ちを抱いているのは隠さず、ここに残しておく。

Follow me!

前の記事

2021あけまして

次の記事

大東寿司